フィルムケース Ilford

英国のフィルムカメラメーカーのイルフォード社の古いフィルム缶です(1879年創設)。3本のアルミ缶の底には1953年54年のスタンプが押してあります。缶の表面へのプリントのきれいさは見事です。50年代にして既にこれほどの技術があったということに驚きます。

 

缶の蓋のひとつにRefill In Darkroomとあるのは、フィルムを詰め替えるときは暗室で行え、という意味で、この時点では使い捨てではなくカートリッジに詰め替えていたのですね。フィルム缶ひとつにもいろいろと奥深い薀蓄があります。

 

缶の状態は良好。密封性も高く小物を入れるのに便利そうです。