フランス純正時計 ジャズ JAZ (sold)

イギリスのスミスに対抗するのがフランスのジャズです。生い立ちとかマーケッティングとか、なんだかよく似ています。どちらも、日常調度品にも洗練されたデザインセンスを醸そうとするデザイナー魂があるように思えます。

 

先月パリのバスティーユの蚤の市で画像のようなジャズを一台入手しました。ロンドンではちょっとお目にかかれなかったおしゃれなジャズ時計です。

 

ジャズJAZは1932年フランスで創業。フランスに侵攻しパリを陥れたナチスドイツはジャズの名称を「退廃したアメリカ文化」の匂いがするとして排除しかかったそうです。当時の代表はこれに対してこの名前は音楽のジャズではなく、鳥(キレンジャク)から執ったのだと主張し窮地を切り抜けます。そこで生まれたのが文字盤の鳥のシンボルマークです。1942年から1975年まで使用されました。

 

ジャズの時計の製造年代を知るときの指標です。さらにもうひとつ、これは比較的よく知られていることですが、鳥の尾が下を向いているのは、1967年までの製品で、以降は上向きになっています。

 

バスティーユから来たこの時計は1942年から67年のあいだのいつかの製造ということになります。

 

(売却済)