Prestige コーヒーメーカー イギリス製

前回のブログで「イギリスは紅茶の国」とお話しましたが、もちろん珈琲愛飲家は大勢いますし、珈琲茶器もたくさんあります。

 

このコーヒーメーカーはイギリスのブランドPresutigeプレスティジ製です。セラミックのコーヒーポットと蓋の間にアルミ製のドリップが挟み込まれています。ドリップには円形のろ過紙をしいてコーヒー粉を入れてお湯を注ぐシステムです。

 

古い円盤状ろ過紙百枚がオリジナル袋に入って残されています。使うのが勿体ないので市販のメリタフィルターペーパーを円く切り取って使用していますが、結構美味しく頂けます。4人分ほどのコーヒーが簡単に作れますが、問題はひとり分だけの少量の場合はポットが大きすぎて冷めやすいです。ポットは耐熱ですので、そのままホットプレートに乗せて保温することはできます。

 

底部の直径は約14.5cmです。プレスティジは現存するイギリスのキッチン用品を代表するブランドですが、実は元はアメリカの会社で1957年に英国の会社を買収しています。