メイソンキャッシュ Maison Cash ペットの食器

この21日に11歳の誕生日を迎えるトロはジャックラッセルの牝犬です。人間で云うと五十代後半、飼い主の私とタメ歳になってしまいました。子犬の頃から厳しく躾けたつもりですが、おバカが過ぎて公園ではなかなか手のかかるヤンチャおばさんで困っています。

 

画像の一等最初に掲げたのがトロが使用している水呑みボウル。ビンテージな古いバターポットです。本来蓋があるのですが、これはトロのために購入しました。アンティーク屋の犬ならではの骨董トリートです。トロ本人にはなんのことやらですけど。

そして二番目の画像が問題の困った犬トロです。

 

続く他の画像はトロとは全く関係の無い私たちのコレクションのご紹介です。

 

メイソンキャッシュ(Maison Cash)はミキシングボウルなど日本でも有名です。アースウェア(陶器というより石器土器?)に釉薬をかけた土っぽいイエロー色の艶の表面が特徴です。イギリスで19世紀初頭にスタートした窯で、特に1930年頃からペット用食器など業務拡張を続け、2001年経営難のTGグリーンを吸収しブルーストライプシリーズもラインナップに加わりました。

 

メイソンキャッシュのペット食器は日本でもずいぶん紹介されていますが、これらは多分まだイギリスでしか入手できないはず。猫や犬のレリーフが浮き彫りされた皿です。特に猫の浮き彫りは表情が微細に明瞭で猫好きには溜まらない逸品かもしれません。最後に3点画像を載せたただ丸いだけの椀、これはウサギ用の食器です。

 

犬用(大)直径、約18cm

犬用(中)直径、約15.5cm

猫用 対角 約14.8cm

ウサギ用 約13cm