古い葉巻箱シガーボックスに貼られる前のラベルを見つけた

閉鎖した古い印刷所から出てきた美しい紙の束はシガーボックスのラベルだった。

アンティーク探しのスリルというか、瓢箪からコマのような話が実際に起こるから堪らないです。

 

ヨークの骨董倉庫にお邪魔したときに、とても古い印刷の輪転機やら、紙の裁断プレス機やら、過去の遺物に感動しながら倉庫を眺めまわっていたのですが、片隅に紙の束が置かれているのを見つけて、なんですか?と問うたところ、葉巻箱に貼られる前の印刷を終えたラベルでした。

 

ご覧のとおり、古いのにきれいな保存状態です。本来ならそのまま葉巻会社に納品されていたところですが、なにかの事情で取り残されてしまったのでしょう。

 

紙を額縁にいれてみたら、こんなに素晴らしいインテリアになりました。

12月1日土曜の青山ストリートマーケットにこれを少しもって行きますのでどうぞ実物をご覧下さい。

 

 

面白かったらクリックお願いします! にほんブログ村 インテリア雑貨