ビクトリア朝の脚立 ソリッドウッドと鉄製 イギリス骨董家具

高い棚の本をとったり、、、、昔のお店の什器アンティーク

昨日ロンドンのマーケットで見つけた脚立です。ソリッドウッドと鋳鉄でしっかりと固定されています。売主のデプ男が乗って「ホレ見よ頑丈だろ!」と足踏みしていましたが確かに微動だにしませんでした。

 

高さはわずかに2ステップ上がるだけ。売主の説明ではビクトリア時代のもので、店の棚からモノを取るときの「ショップ・ラダー」だった、とか。

 

表面の焦げ茶塗装は薄暗い気候のイギリス店舗や倉庫に合わせたものだったのでしょう。いまどきの明るい居間ではちょっとうっとおしいかも。

ということで、ちょっとDIYして明るい木目を出すことをを検討中です。

 

 

 (ご売約済み)