ハリケーンランターンのフュアーハンド 耐熱イエナガラスの西独製

なぜか寒空に野外キャンプのランプの灯火を想う不思議。

 

フュアーハンドFeuer Handはドイツの灯油ランプメーカーです。いまなお灯油ランプを生産販売していて日本でも入手可能です。

 

このランプは先日ご紹介したロンドンの初だし市で見つけました。

型番はSpecial Baby 275で、フュアーハンド社のカタログでは1934年生産開始となっています。タンク部にWestern Germanyと彫られてますから、少なくとも1990年以前のものといえます。

 

 

 

 

 

ホヤにはJena glasすなわちイエナガラスの文字が見えます。イエナの耐熱ガラスを採用し燃焼中に雨滴や雪に触れても割れないのが売りのようです。

 

 

 

 

上記耐熱以外の売り文句は、

燃料がタンクから絶対に漏れないこと、

角の仕上げが滑らかで引っかかりがないこと、

芯から出る煤が少ないこと、です。 

いまどきのアウトドア品なら当たり前なこと、

ま、ビンテージな口上ということで、、、。