Salvaged Furniture サルベージ家具の魅力

ビンテージの醍醐味は、自分で直して再生させることから始まります。

 

ロンドン市内にもサルベージ家具専門の大きなショップもありますが、いちばん楽しいのは自分の眼と脚で古家具を見つけてきて自分の腕でサルベージすることです。

 

ご紹介しているのは、1950年頃の引き出しです。薄い合板を使用しているので、軽いのが特徴です。

 

 

 

 

 

まずは表面をサンダーでこすり、虫食い用の液剤を入れて二日間寝かし、干して塗装を剥がし、光沢ニスを二度塗布しました。

板の貼り直しなど若干作業は必要でしたが、全体に寸法や貼り合わせがきちっとしていて丹念に仕上げられています。引き出しの出し入れもスムースになりました。


新品状態を復元することは出来ませんが、使い込んだいい感じは出ていると思います。

トップの引き出しはこの通り。

 

当時すでに仕切り板に使い回しの板を使っているところがスゴイ。

つまり、サルベージをもう一度サルベージしたことになります。笑。

 

この当時、家具はショップで買うだけじゃなく、自分で作る、あるいは誰かに頼んで作ってもらった時代だったのです。