70年代イギリスのキャンプキッチン

テント内の収納と調理をこなす便利インテリア Hogo Beanstalk オレンジ編

以前ご紹介したブルーのキャンプキッチンのオレンジ版です。

ブリキ製で折り畳んで真っ平らになります。

 

今回さらにラインナップが揃っています。

基本の三段棚に追加ができる補助棚が付いたセットです。

 

画像二番目をご覧ください。棚板の真ん中に四角い空白が、、、

ここに洗面器をスッポリ入れるのです。

洗面器にも調理用洗い場にもなります。

ただ、洗面器、、、、残念ながらこれは欠損、、、探します。

 

補助棚板は縦横前後左右に加えられます。

テント内の収納や屋外のBBQなど、その場所の都合に応じて形を変えられます。

ハゴHago社は現存するイギリスの事務収納器メーカーです。

 

1960年代の鉄ワイヤーのビーンストーク書類カゴなど、イギリスではレアなコレクターズアイテムです。

 

「ビーンストーク」Beanstalkは豆の木の様に上に伸びるイメージから来た商品名で、書類カゴやキャンプキッチンの棚を積み重ねて組み立てます。

 

このキャンプキッチンは1970年代製です。

あまり使われなかったようで、オリジナル梱包箱も健在。

 

70‐80年代のヨーロッパのテントにはキッチンスペースがありますので、テントと一緒にキャンプ場へ持ち込まれる「常備キャンプ用品」でした。

 

色やカタチがユニークで、普段使いのインテリア収納棚にも使えます。

 

 

 

 

アウトドアファンの皆さん、  60年代から90年代のヨーロッパのビンテージテントのコレクションも是非ご覧ください。

URL: http://www.blicking.com/tent-gallery/

ブログランキング・にほんブログ村へ