60年代イギリス製組立てキャンプキッチン

フルメタルの野外用組立キッチン、室内に置いて収納棚にも使えます

イギリス人はアウトドアレジャーが大好き。

でもこれは一時の流行ではなくて、昔からずうっとそうでした。

イギリス人にとって最高の余暇だったのです。

60年代70年代、アウトドアレジャー産業は隆盛を極めます。

 

勿論、現在のイギリス製品にもイイものがたくさんありますが、

今は入手不可能となったアウトドア用品の廃盤・掘り出し物を探すのが楽しいのです。

 

こんなキャンプキッチンを入手しました。

総ブリキ製の重厚な組み立てキッチンです。

 

60年代ロンドンのシーダムという会社の製品です。

シーダム社はキャンプキッチンにガス調理器具を合体させる特許を持っていました。

 

収納システムが凝っています。

背後にあるのは通風孔ネット、パンを仕舞っておいたのでしょう。

 

 

 

収納部の蓋を閉じた状態。

 

 

四つ脚の先に高さ調節のキャップが付いています。

 

 

 

折り畳んでいくと、

すべてがワンボックスに、

これにすべてが入っている。

 

室内に置いて家具としてもいけそう。

とても頑丈ですから。

背面はこんな感じ。

 

寸法:

組立てた状態の高さ120㎝

ワンボックスに収納した状態の高さ34㎝

横幅 60㎝

奥行 28㎝

 

フルメタルなのでちょっと重いです。

 

VWキャンパーに乗せるのがピッタリお似合いです。

 

 

 

ヨーロッパ各国製のビンテージテントをご紹介しています。ココをクリックしてご覧ください。