キャンプチェアー アルミ製パイプ キャンバス 英国ビンテージ

やっぱり座り心地が決め手、収納携帯に優れたレトロ折畳みキャンプチェアー

アルミ製パイプにキャンバス地のキャンプチェアーで、しかもデザインと色をこだわるとなると古いレトロ、ビンテージものにならざるを得ません。

 

しかし実際に現物を見ないと、、、、。たいていはまず保存状態が悪くて駄目なのですが、今週は良いモノに巡り会えました。

 

アルミパイプとキャンバス地の折畳式キャンプ椅子です。60年代製です。

さりげない工夫や凝ったデザインがあるのがうれしい。

この時代、今に比べて工業製品が丁寧に設計デザインされていたのがよく判ります。

 

背もたれと肘掛けをL字受けで固定することが出来ます。(画像4番目)

そして背もたれと肘掛けを倒すと完全なフラットになります。(画像5&6番目)

 

肘掛け部のブルーは塗装のようにパイプに密着しておりカサばらず見た目がスッキリとスマートです。

 

肘掛けの後ろから前方への全体の微妙な傾斜がカッコよく、座り心地もよいです。(画像3番目)

 

最近ヨーロッパでもチープなアウトドア用品で溢れ返っていますが、良いもの探すなら状態の良い古い純製ビンテージ/レトロです。

 

 

サイズ:幅42cmx奥行き50cmx高さ75cm

重さ:2.8キロ 一脚

 

 

 

 

 

 

 

ヨーロッパ各国製のビンテージテントをご紹介しています。

ココをクリックしてご覧下さい。

 

スマートフォン携帯画面でご覧のかたは、

メニューからTent Galleryをクリックして

ドロップダウンで表示される各テントへお進み下さい。

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ