PYE 俗称ジョージパイ 英国BBCの黎明期、放送機器の草分け

イギリス1970年代の三波トランジスタラジオ FMがVHFと呼ばれた時代

PYE(ピー・ワイ・イーもしくはパイと発音します)といえばイギリスでは放送機器の草分けの会社として知られています。1920年代のラジオ、50年代のテレビ放送、いづれもBBC黎明期の放送機材はPYEが支えました。

 

PYEは1896年にケンブリッジに創設(1988年に解散)されています。

創設者のWilliam George Pyeは銃の照準機を作る特殊職工でした。

PYEの古ラジオがマニアに「ジョージパイ」とも呼ばれるのはこれに由来します。

 

ご紹介するのは、1970年代のトランジスタラジオ、PYE 1413 Typhoonです。

 

LW、MW、VHFの三波受信です。VHFというのはご存知の方も多いと思いますが、FMのことです。1982年まで英国ではVHFの呼称が使われました。

 

外見はキズあり凹みありの状態ですが、作動も感度も良好です。

ちなみに日本に持ち帰った場合、AMラジオは聞けますが、FMは周波数帯域が日本と違いますので受信しません。

 

日本でも使えるように、DC電源を9V電池がセット出来るように改造しました。

 

具体的な期日は未定ですがイギリスでは、アナログ放送を一斉廃止する計画があるようです。

私にとって白熱球の製造中止に続くバッドニュースです。

 

 

 

 

ヨーロッパ各国製のビンテージテントをご紹介しています。

ココをクリックしてご覧下さい。

 

 

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ