スミスとTGグリーンの邂逅 イギリス壁掛け時計

イギリス・ミッドセンチュリー、時計と陶器のコラボ

先日のブログでスミスとメタメックについて触れましたが、今日はスミスの皿時計をご紹介します。

 

これはスミスが英国陶器メーカーのTGグリーンと組んで作った壁時計です。チェック柄のこれ、商品名はまさに「ギンガム」Ginghamです。

 

[Smiths Sectric]は1937年からスミスの商標名として使われています。

これは50年代のものですが、当時動力はゼンマイかAC電源駆動でした。

経年のためにオリジナルの動力は外されて単三電池駆動のムーブメントに交換され正確な時刻を刻んでいます。

 

一方、陶器のTGグリーン。英国人が大好きな不朽のシリーズ「コーニッシュブルー」と呼ばれる青と白のブルーストライプ縞模様の陶器で有名です。

時計のスミスと同様、陶器のTGグリーンは洗練されたモダンな大衆食器を普及させました。

今でも、食品キッチンまわりの英国のテレビCMには、ブルーストライプの食器が小道具によく使われています。

 

スミスとTGグリーン。ちょっとイカした似たもの同士のコラボ品です。

 

サイズ;約23cm縦x横

 

 

 

 

 

ヨーロッパ各国製のビンテージテントをご紹介しています。

ココをクリックしてご覧下さい。

 

スマートフォン携帯画面でご覧のかたは、

メニューからTent Galleryをクリックして

ドロップダウンで表示される各テントへお進み下さい。

2014年版テント集は近日公開しますので、今しばらくお待ち下さい。

 

にほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ