ドングリ柄のお皿を衝動買い メゾンオーク Mason's Oak

なに?このアウトドア感。オーガニック感覚ばっちりの不思議な骨董のお皿

アンティーク食器を系統立てて集めているわけじゃないです。

偶然見掛けてイイなあと思ったら買う。そんな感じです。

 

食器は使えなきゃ意味が無い私達にとって、この皿は見た瞬間、盛られる料理の絵が浮かびました。ローストでしょ。

 

サンデーローストのポークを切り分けて真ん中に置いて、ポテト、オニオン、人参、栗、ニンニクなんかを回りに並べる。

 

ドングリの木と実が浮き彫りで縁取りされた上からアースカラーで着色されている。ゴテゴテせず、素朴にまとめた感じがいいなと思います。

 

メゾンはあのメゾンキャッシュとは別の窯です。メゾンは創設18世紀ですから、歴史は古い。英国式の磁器を開発しました。東インド会社のルートを通じて世界に販路を拓いたようで、アメリカにもずいぶん輸出されました。

 

文献が乏しいので確証はありませんが、これ1910年ものだとか、、、、。ま、そんなことどうでもいいのですけど。

 

直径:26cm

 

 

 

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ