北欧インテリア 膨らむビーチベッド 折畳み式 60年代 スエーデン製

北欧ミッドセンチュリーのミュージアムピースのボンボンベッド

「ボンボンベッド」という言葉に反応した人は私達と同じ昭和世代。

両端をガチャガチャと動かして角度を意のままに出来るベッド。

我が家にもありました。なぜか関西で特に売れたそうです。

屋外で使うものなのに、居間にあったりして、ちょっと変でした。

 

これはやはり60年代にスエーデンで作られたボンボンベッド。

柄のアートにビックリ。

売り主の男性も私とほぼ同世代、

ご本人はアーティストで、陳列しているコレクションのどれもが筋が通っている。

常にデザインミュージアムのキューレーターの一歩先を行くのだと自負しておられました。

 

すごいのは、ベッドの裏側に空気穴があって、全体と枕部を空気で膨らませられること。といってもポンプは要りません、風船を膨らませる容量で十分。

首、肩、腰、脚など丁度いいところにフカフカのクッションが出来ます。

実際に、試してみましたが、危うく爆睡に陥る心地よさでした。

 

スエーデンの製造元AWABという会社で昔はホースの口金を作っていたステンレス加工会社です。今は買収され米国イリノイ州にあります。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ