バイアラディン 圧力式灯油ランターン イギリス製 Bialaddin 300X

1949年製 英国軍仕様 動作品です。

バイアラディンの圧力式灯油ランプです。1949年製で製品名はBialaddin 300Xです。

調節ツマミに矢じりマークが彫ってありますが(画像上段右端)これは英国軍用品の印です。

 

ティリーランプに形が似ていますが、点火方式が違います。

取り外し自在なプリヒーティングトーチはなく、ガラスホヤ底部の受皿に固定されている布ロールがプレヒーティングトーチに相当します。

布ロールをアルコールで少し浸し点火し、マントルを熱したら、灯油噴射バルブを開いて着火する方式です。(中段の画像をご覧下さい)

 

ピストンを押してタンク圧をフルにして放置し、白熱球40W相当くらいの明るさで3時間以上連続点灯しました。空気漏れなどありません。古いものなので外見の見てくれはよろしくないですが、機能的にはなんら問題なく、さすが英国軍用品という感じです。

 

 

一応、下記にバイアラディン情報を載せておきます。


バイアラディンについて

1800年代にウイリス&ベイツWillis & Bates社はイングランド北部ハリファックスで織機の金属部品などを製造していました。1925年からティリーランプTilly Lampの部品を受託製造し、1938年以降は自社ブランド名をベイパラックスVapaluxとして圧力式灯油ランプの製造を始めます。第二次世界大戦で軍から大量の受注を受けて大躍進し、1946年以降、アラディンAladdin社と提携し、バイアラディンの名前でランタンやストーブの製造を始めました。


 

 

 

2015年版ヨーロッパビンテージテントガジェットモード昭島倉庫にて販売中です。ぜひ、お立ち寄り頂き実物をご覧ください。 

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ