ミッドセンチュリー式湯たんぽ イギリス 1960年代製

かつてイギリスは家電王国だった。

直径36cm厚み12cmの鉄製の円盤。

 

これは何?と問われて即答できる英国人は今はそんなにいません。

 

昔の湯たんぽなのですが、お湯を入れるのではなく、40wの白熱球が点灯してその熱で布団を温めるのです。60年代には結構売れた製品だったらしいです。色もパステル系のピンク、イエロー、グリーンなどあっていかにもミッドセンチュリーの香り漂う人気商品だったようです。

実際に使っていますが、実はかなりイケてる便利な「湯たんぽ」です。

 

日本独自の考案品だと思っていた電化製品も意外と過去に英国ですでに考案商品化されていたりすることが多々あります。かつて、サッチャー首相は、英国人は考案して、日本人が真似して儲ける、と言ったそうですが、まあ、当たらずとも遠からず。

今は逆にその気持ちがよく分かりますけど。

 

 



2015年版ヨーロッパビンテージテントガジェットモード昭島倉庫にて販売中です。ぜひ、お立ち寄り頂き実物をご覧ください。  


にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ