ビーンスライサー 工業製品のようなキッチンツール

ダイキャスト鉄の重厚さと明るいキッチンのアンバランスを楽しむ

英国ではキッチンアンティークというのも人気のあるカテゴリーです。

 

プラスティック以前の時代には、鋳鉄やアルミダイキャストのような重厚な素材が、台所用品の主役だったのです。

機械油でも差しそうな重々しさは(実際には差してはいけませんが)まさしく産業革命ビクトリア朝を彷彿とさせます。

 

この道具は、上から鞘ごと豆を差し込んでハンドルを回すと、スライスされて下から出てくるという代物。

ま、手先が器用な日本人には無用の長物の長物かもしれませんね。

 

 

 

 

 

2015年版ヨーロッパビンテージテントガジェットモード昭島倉庫にて販売中です。

ぜひ、お立ち寄り頂き実物をご覧ください。

 

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ