イギリス真空管ラジオ マーフィーMurphy A482 3バンド 1957年

さよなら、真空管ラジオ、 大きな木箱の鳴りが心地よかったよ。

ずいぶんな数の真空管ラジオをコレクションしていました。でも手入れが大変なんです。

先日は愛機フィリップスが炎上、泣。

スイッチオン後ウーミングアップ中に背後から煙が、、、。真空管の上に積もっていた埃が燃えたのです。古いパーツの補充は難しく、この一件をきっかけに、少しづつ地元のラジオマニアに売りさばいてきました。そして遂にコレクションはこの一台を残すのみとなりました。


美しいラジオです。1957年製マーフィー社Murphy A482。3バンドでLW長波、MW中波、VHFを受信します。VHFはFM放送のことです。


トランジスタよりも真空管が音質が優れて、、、などというほどオーディオ知識はないので口をつぐみますが、巨体(W48xD20xH36cm)の木箱から鳴りひびく音は心地イイです。


フロント右上にある小さな窓はマジックアイと呼ばれるチューニングメーター。チューニング状態をグリーンライトの模様開閉で知らせます。


100ボルト電源に対応しないので日本では使用不可能です。

ということで、これも近々ラジオの好事家に売られていく予定です。



Instagram
にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ