ヨーロッパのキャンプストーブを集めてみた。

レトロ・ヴィンテージというほど古くはないけど、ひと昔前の型のキャンプストーブを集めてみたら、こんなに鮮やかだった。

 

いつも思っていることだけど、アウトドア用品の性能は向上し使い勝手はどんどん良くなるのに、何故デザインはあまり見向きされないのかな。

もちろんデザインコンシャスなものもあるけど、全体で見ると釣り具と同じレベル?

せめてガスカートリッジ缶のデザインくらいなんとかならないかな。

 

左から;

キャンプガス(仏)、ヴェリタス(英)、プリムス(スエーデン)、プレネール(伊)

 

プリムスの手前にクロッカスが、、、。例年よりも二ヶ月早い春の花。

 

 

 


Instagram
にほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ