フランスのヴィンテージテント アンドレ・ジャメとメサージュ

ツテあって古いフレンチテントを入手しました。

はやる気持ちを抑えられず、午後まだ霜が残る厳寒の芝生に建てました。

 

ブランド名を「アンドレ・ジャメ Andre Jamet」と云います。

奥行き5m、幅4m、高さ2m以上の超大型キャンバステントです。

 

ジャメはとにかくテントの配色と柄に凝ってて、特にカーテン柄は秀逸。

このテントの全体を覆う渋い赤と明るい青のコンビがお見事、いかにもジャメです。

 

アンドレ・ジャメの最盛期は70〜80年代。

明るいレトロポップなデザインが特徴です。

珍しい希少ブランドで、今までに入手できたのはこれを入れて二幕だけです。

 

 

 

ちなみにこれがテントに貼り付けられるレーベル。

タイポグラフィーからして凝っています。

 

 

これはアンドレ・ジャメの小型テント「アルパイン」です。

二人用のインナーテントをなかに建てますが、そのパネル柄が凝っています。

このテントは現在昭島ガジェットモードで発売中です。

 

 

フランスのテントブランド「メサージュMessager」の小型テントです。

メサージュについてはまとまったブランド情報がないのですが、

おそらくフランスの小さな縫製工場から生まれたテントではないかと思います。

アンドレ・ジャメと同様、とてもデザインコンシャスなテントです。

 

 


Instagram
にほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ