60年代の石油ストーブ バーラーValor L210 英国旗三色デザイン

アラジンと双璧をなすバーラー。これは1960-65年にバーミンガムで製造された円筒シリンダー型石油ストーブ"Valor L210"です。

 

バーラーといえばクラシカルな黒塗りボディーに赤い耐熱ガラス窓のストーブが有名です。それに比べると、このL210は形がちょっと凡庸です。

でも今回どうしても入手したくなりました。

それは、保存状態が良かったのと、英国旗三色で構成されたデザインだったからです。

ちょっと画像を見て下さい。

まるで英国航空の機体のよう。奇を衒わない趣味の良い仕上がりです。

 

前代のストーブ群と同様、取り外し可能な燃料タンク方式を踏襲し、さらに転倒の際に自動消火するデバイスが付いています。

油量計も凝りまくり。

ま、デザイン重視はいいが、実にアバウトな計量メーターではあります。

 

胴の目視窓が狭いのが特徴。円芯の直径はアラジンに比べると小さいので、暖房効果はやや劣るのかも知れません。

 

それでも今のこの時期に丁度いい。

ロンドンは夜半はまだ冷え込む夜があります。

そんな時、実はこれをこっそりと焚いて悦に浸っているのであります。

 

高さ 52cm

 

 


Instagram
にほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ