英国炭鉱 マイナーランプ カンブリアンランプ ラピュタランタン

マイナーランプ(カンブリアンランプ)がたくさん揃いました。

 

産業革命以降、大英帝国の繁栄を支えた炭鉱。その炭鉱で使われたのが、マイナーランプでした。

常に爆発やガス中毒と隣り合わせの坑内で、危険を察するために編み出されたのがマイナーランプです。もとはガス探知燈で、その炎の燃焼具合で坑内の大気の状態を判断したのでした。

 

現在マイナーランプと呼ばれるものはほとんどはレプリカで、かつての安全探知燈としてではなくインテリア照明燈としての位置付けです。

 

レプリカと言っても、複製製造自体が古くから始まっているので、今やマイナーランプはコレクターズアイテムとして、オリジナル骨董・レプリカ複製問わず世界中で人気です。

 

燃料は灯油です。取り扱いは難しくなく安全です。

ガラスのホヤ内が狭いので燃焼は緩やかにします。そのために芯を出しすぎないのが上手な点等のコツです。

 

インテリア調度品として収集する方が多いですが、野外キャンプで灯して仄かな明かりを楽しむのも格別です。

 

 

おおよそのサイズですが、高さ7inch(18cm)と9inch(23cm) の二種類となります。

 

 

 


Instagram
にほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ