カンブリアンとピキシーランプが合体したら、、

カンブリアンランプの中に、ケリーランプのような小さな灯油ランプを仕込んで点灯する面白いレプリカです。

 

元々カンブリアンランプは炭鉱事故を未然に防ぐ大気内の異常検知器で照明灯ではありませんでした。でもこのレプリカは照明ランプを仕込んでいるので明るいです。

 

芯の取り換えや給油の要領はケリーランプと同じです。全体にブリキとガラスで出来ているので、真鍮製のカンブリアンランプのように重くないのもメリットです。

 

高さ約18cm

重さ300g