整理箱ツールボックス メタル本体に透明プラボックス

ねじ釘など小物を細かく保存する英国製収納ボックス

ブリキ製のガワ本体に24個の透明プラスティック箱がはめ込まれたツールボックスです。

続きを読む

ミニ コンテナー収納箱

海運コンテナーを精巧に摸したミニチュア収納箱

押し入れの中に隠したくなる収納箱もあれば、

存分にインテリアとして飾りたくなるこんな箱もあります。

続きを読む

春の色のアングルポイズライトを見つけた

これはイギリス人にしか出せない不思議な特色グリーンかも

続きを読む

キャンバス地テントを設営する。ラクレ フランス製テント

雨が降ったらテントを触るな!のキャンバス地テント

前日に引き続き、今日はテント設営の説明をします。

 

このラクレ(1981年製)はマルシャルと同じフランスのキャンバス地テントです。

ふたつの「寝室」と、天井が高く、広びろとしたリビングスペースがあって皆で集まってパーティが出来ます。

続きを読む

フランスのコットン製テント ラクレRaclet マルシャルと並ぶビンテージテント

1981年のビンテージテントでチョット粋なバカンスを

古い布製テントをご紹介します。ラクレRacletはフランスのマルシャルMarechalと並ぶフランス最古のテント会社です。

 

1919年にパリで創業し、40年代にレジャー用テントの製造に着手します。

会社は今なお続いていますが、牽引車とセットになったトレーラーテントを重点的に生産し、マルシャルのようなファミリーテントはほとんど生産していません。

 

 

続きを読む

ユンハンスの壁掛け時計

サマータイム開始 時計を一時間調整する年二回の儀式

今日からイギリスはサマータイムです。

午前一時の時報を以て午前二時に一時間飛びました。

切り替えは混乱を避けるために週末に行われます。

サマータイムは一時間時計を進め、ウインタータイムは逆に遅らせます。

 

頭で原理は分かっているのですが、実際に一時間進めるのか遅らすのか、英国人でさえも迷っております。

 

最近はiPhoneのお蔭で切り替えは自動です。

でも、時計オタクの私。

相変わらずアナログ時計が家じゅうに掛かっているわが家では、20個ばかりの時計のすべての針を一時間進めて回ります。

これ結構重労働なんです。

 

 

続きを読む

ウオーキングスティック椅子

どこでも使える三脚折りたたみ椅子は野外活動の便利ツール だ。

折りたたみ式ウオーキングスティック椅子です。

 

カメラや望遠鏡を載せたくなるような工業理系の雰囲気。

 

 

 

続きを読む

ロバーツ 英国皇室公認ラジオ

英国製9ボルト電源ラジオを日本で聴くには、、、電源接続の改造方法をご説明します。

エリザベス女王がまだ幼いプリンセスだった頃、たいそうお気に入りだったというロバーツのラジオ。

 

家具のように重くて大きかった真空管ラジオに代わって気軽に持ち運びできる小さなトランジスタラジオが60年代以降隆盛を極めます。

続きを読む

北欧スエーデンのキャンプ用品 折りたたみティーテーブル

スエーデンのビンテージ野外テーブルは実用もデザインも秀逸

北欧の野外用品はハンパじゃないです。

厳しい気象環境に鍛えられ、自然のなかの野外活動が大好きな国民性が優れたアウトドア用品を多数生んできました。

 

 

 

 

続きを読む

Salvaged Furnitureサルベージ家具を楽しむ 2

古い工作机を蘇らせてみた。

工作用の木製テーブルをサルベージしました。

 

長さ1.68m。無垢木と鉄斜交いの折り畳み古いデスクです。

 

塗料の飛びや角の欠けなどヤラレタ感じをなるべく生かして、清潔に頑丈に室内で使えるように修復しました。

続きを読む

Salvaged Furniture サルベージ家具の魅力

ビンテージの醍醐味は、自分で直して再生させることから始まります。

 

ロンドン市内にもサルベージ家具専門の大きなショップもありますが、いちばん楽しいのは自分の眼と脚で古家具を見つけてきて自分の腕でサルベージすることです。

 

ご紹介しているのは、1950年頃の引き出しです。薄い合板を使用しているので、軽いのが特徴です。

 

 

 

続きを読む